グループホームで働こう!

おすすめ情報利用者の生活圏内で提供されるサービス

グループホームのやりがいとは

様々なやりがいやメリット

プラス面が多い

意見を求められる喜び

様々なやりがいやメリット

認知症高齢者のためのグループホームで働くことで得られるやりがいや、認知症高齢者のためのグループホームで働くことに感じる魅力なども見ていきましょう。まずやりがいですが、ケアマネージャーのようなしっかりとした専門家の方に自分の意見が採用され、頼られることが多いということが挙げられます。
そもそも介護に関する施設では認知症高齢者のためのグループホームに限らずどこもケアマネージャーが介護に関するケアプランを作成します。そしてケアマネージャーはケアプランの作成時に、机上の空論ではない意味のあるケアプランを作成するために入居者と近い距離で接し、入居者のことを最もよく理解している介護担当の職員に意見を求めることがあるのです。
つまり介護担当の職員は末端の仕事をケアマネージャーの指示に従って流れ作業のように行う存在ではなく、より良い施設運営やより良い介護のためのケアプランの作成という高度な仕事にも積極的に関わることを求められている存在なのです。こうした経験は長く介護の仕事を続ける上で必ずや自分の糧となり、将来自分もケアマネージャーなどを目指す上で役に立つことでしょう。

体の負担は少ない

また一般の介護施設で働く介護士の場合、職業病と言っても良いほどに腰痛などに悩まされ体を壊してしまうことも多いのですが、認知症高齢者のためのグループホームで働く場合そうした心配は少なくなります。それと言うのも認知症高齢者のためのグループホームでは、介護施設のような場所と異なり介護担当の職員に身体的な負担がかかる業務が少ないのです。
一般的な介護施設ではかなり重度の認知症患者も受け入れているため、ベッドから車椅子への移動も自分1人では行えない人たちが入所してきています。そのためそうした方々を食事や排泄、入浴などのたびにベッドから車椅子へ、そしてその逆に車椅子からベッドへと移動させてあげるのですが、こうした仕事は本当に腰などにダメージを与えます。しかしグループホームの入所者たちは、認知症がそれほど重くなく生活の一部は自分たちで行えるので、職員の体の負担が少ないのです。

認知症の知識

その他に認知症高齢者のためのグループホームで働くメリットとしては、今や国民病といっても良い認知症について学べることも挙げられます。こうした知識は自分自身や自分の家族の介護などにも役立つので、将来認知症高齢者のためのグループホームで働いて良かったと思えることでしょう。

グループホームで働きたい方へ

当サイト管理人はグループホームで働いており、この仕事に大きな誇りと魅力を感じています。そしてこの仕事の魅力をより多くの人に知ってもらい、多くの人にグループホームで働いてもらうために当サイトを運営しております。なお当サイトに関するご意見ご要望はコチラにお寄せください。