グループホームで働こう!

おすすめ情報利用者の生活圏内で提供されるサービス

働く前にグループホームについて知る

グループホームで働くために知るべきこと!グループホームで働くために知るべきこと!

認知症高齢者のためのグループホームの仕事内容ですが、一般の介護施設と認知症高齢者のためのグループホームではそもそも存在意義や役割からして大きく異なるので仕事内容も異なります。また施設自体の存在意義や役割が異なるので、そこで働く職員に求められる資格や資質も異なってきます。しかしいずれにしても介護の仕事の1つであるため、何よりも大切なことは相手の役に立ちたいという人間としての純粋な気持ちかもしれません。

自立支援を促すケアが特徴

自立支援を促すケアが特徴

  • グループホームについて知ろう!
  • グループホームで働くために知るべきこと!

認知症高齢者のためのグループホームは一般の介護施設のように生活の全ての面で職員が介護や介助を行うわけではありません。認知症高齢者のためのグループホームでは、その施設に入所している利用者同士が助け合って自立して生活を営んでいくことを重視しているのです。一般的に認知症となってしまった高齢者はいわゆる問題行動を頻発させてしまい、そのことが介護を難しくしていますが、自立した生活の支援によって相手の尊厳が満たされるので問題行動も少なくなります。view more

グループホームでの職員の役割

グループホームでの職員の役割

  • 具体的な仕事内容について知ろう!
  • グループホームで働くために知るべきこと!

認知症高齢者のためのグループホームの役割はただ相手の生存を支援するような形の介護ではなく、あくまでも自立して尊厳のある生活を営んでいくことの支援にあるため認知症高齢者のためのグループホームで働く職員の役割も一般の介護施設で働く職員の役割とは異なります。もちろん利用者の力だけでは難しい家事の対処や利用者だけでは問題の解決が難しい事態への対処は職員が行いますが、あくまでもそのスタンスは手助けに限定されるのです。view more

職員に求められる資格と資質

職員に求められる資格と資質

  • 具体的な仕事内容について知ろう!
  • グループホームで働くために知るべきこと!

認知症高齢者のためのグループホームで働く際に求められる資格や資質ですが、ケアマネージャーとして勤務するような場合を除いて特別な資格は必要ありません。そのため認知症高齢者のためのグループホームで働くということは介護の世界で仕事を始めたい場合良い選択肢と言えるでしょう。ただ求められる資質に関しては注意が必要で、相手のことを尊重して適切なサポートを行うことが求められるので観察力やコミュニケーション能力が大事になります。view more

グループホームで働きたい方へ

当サイト管理人はグループホームで働いており、この仕事に大きな誇りと魅力を感じています。そしてこの仕事の魅力をより多くの人に知ってもらい、多くの人にグループホームで働いてもらうために当サイトを運営しております。なお当サイトに関するご意見ご要望はコチラにお寄せください。