グループホームで働こう!

おすすめ情報細やかなサービスが受けられる『きらケア』

求人事情から見るグループホーム

グループホームの求人事情

気になる求人について

需要が増加するグループホーム

グループホームの求人事情

認知症高齢者のためのグループホームはもともと厚生労働省が2001年に介護保険法制定に基づいて、都道府県知事に宛てた認知症高齢者を今後地域の中でどのように支援していくのかという通達の中で表記された内容に由来しています。日本の高齢者の増加、いわゆる少子高齢化の問題の深刻化に伴って確実にその数を増やしてきており、需要も増加してきています。具体的に申しますと、2001年では認知症高齢者のためのグループホームはその定員数が12486名しかありませんでした。しかしその数が2014年には184600名まで増加しており、背景には少子高齢化によって家庭で高齢者の介護を行うことが難しくなった、そもそも子供や孫がいない高齢者が増えてしまったという深刻な問題があります。
またこうした社会問題的な観点以外にも、実は認知症高齢者のためのグループホームは経営上の効率が良いという特長があります。一般の介護施設と異なって、入所者同士で身の回りのサポートを行い合うモデルのため、必要な職員数が限定的なもので済むためです。そのため経営上の効率性という観点からグループホームの経営に乗り出す介護事業者がたくさん出てきたというわけです。

グループホームの求人

このように社会の中での重要性や経営上の意味合いから増加傾向著しいグループホームですが、当然求人数は増加しています。そもそも認知症高齢者のためのグループホームはその設置のための条件に、利用者3名に対して常勤の職員が1名以上は存在しなければならないとあります。またその在籍時間は日中だけいれば良いというものではなく、24時間体制で在籍しなければなりません。
ちなみにこうしたグループホームの求人をどこで確認できるかですが、様々な選択肢があるものの最も手軽なものとしては、その所在エリアを問わず公営のハローワークや民間が運営する転職サイトなど様々な媒体で確認をすることが可能です。

グループホームの賃金

なお求人情報の中でも特に求職者の方が気になってしまう賃金形態ですが、例えばアルバイトでの募集の場合は、施設にもよりますが都内ですと、時給にして900円から1400円ほどです。基本的に未経験者の場合は経験者よりも時給は安く抑えられる傾向にあると思って良いでしょう。場合によっては時給2000円台という高額な求人も存在しますが、臨床経験や資格に制限、例えば看護師の免許保持者で臨床経験も2年以上というような制限がつく場合がほとんどです。

グループホームで働きたい方へ

当サイト管理人はグループホームで働いており、この仕事に大きな誇りと魅力を感じています。そしてこの仕事の魅力をより多くの人に知ってもらい、多くの人にグループホームで働いてもらうために当サイトを運営しております。なお当サイトに関するご意見ご要望はコチラにお寄せください。